減税日本ナゴヤ所属

名古屋市会議員

佐藤 ゆうこ

優しく、強く、細やかに。

SNSで活動を発信しています!

佐藤ゆうこtwitter

Twitter

佐藤ゆうこfacebook

Facebook

佐藤ゆうこinstagram

Instagram

Information

@yukosatoyuko

佐藤ゆうこ公式Twitter

Greeting

優しく、強く、細やかに。

前回の市会議員選挙からもうすぐ4年。この間、減税会派の団長、幹事長をやらせて頂き、現在は幹事長2年目です。
幹事長は自民党など他会派との交渉役(理事)であり、理事会や議会運営委員会に出席しますが「問責決議を受けた佐藤が理事でいること」を理由に、現在、理事会は開催されていません。議会運営委員会においては、私の発言中に他会派の議員が意見を遮ったり、私の質問に対して回答をしないまま「散会動議」を出して、委員会を途中で閉じてしまいます。こんなことが既に13回も繰り返されており、この状況を専門家は「徹底的な言論封殺で議会自体の存在価値を落としていることにも気づいていない」と批評します。
こうした議会運営委員会への対応もあり、市役所にいる時間が異常に長く、すぐに東区に戻れない日も多くあります。プライベートでは孫も増え、今まさに赤ちゃん(子育て)から高齢者(介護)まで、世代に応じた様々な課題に、真に向き合える年齢になりました。なんでもご相談ください。
ご覧いただきありがとうございます。
皆さまのより一層のご指導・ご支援を心よりお願い申し上げます。

名古屋市会議員

Policy

□市民税減税の継続

□議員政務活動費の全面公開

□未就学児が安心・安全に遊べるどんぐり広場の活用

□室内公園の設置(熱くて遊具に触れない真夏の公園対策)

□子ども応援委員会を拡充し、子どもを全力サポート

□就学援助(給食・学用品・修学旅行費などの全額補助)の対象世帯を拡充

□徳川園を中心とした文化の発信・山車祭りを東区全体で盛り上げる

□自治会・消防団・老人クラブ・女性会・子ども会・愛護会活動などを全力応援

□ステーションを廃止し、資源(紙・ペットボトル・缶・ビン)は各戸収集へ

□敬老パスの乗り継ぎカウントを1回に(市バス+地下鉄・市バス+市バス)

□基幹バスレーンのシェルター(バス停)や専用時間帯などの検証と安全確保

□東区役所移転(愛知大学車道校舎 候補予定)に伴う市バスルートの増設

Achievement

児童養護施設への看護師の配置について

名古屋市には13の児童養護施設があり、児童総数549名のうち障がい等があると思われる児童が163名入所しています。しかしながら、施設に看護師の配置はありません。この状況を受けて、早急に児童養護施設に看護師を配置するべきではないかと、令和4年11月議会で市に提言を行いました。市からは「現場の声を聞いて早急に医療的な支援が必要な子どもたちの状況を確認して、看護師の配置について検討する」との答弁がありました。

児童養護施設への看護師配置について、令和5年度予算(案)に盛り込まれました。

学校における定期健康診断について

健康診断をしてくださる学校医に多くの医師が参画していただけるような学校医報酬の増額や、学校医が看護師を帯同できるような環境整備をするべきではないかと、令和4年11月議会で市に提言を行いました。

令和5年度より、報酬の基本額が21年ぶりに増額されました!

ピロリ菌検査の導入

ピロリ菌が胃がん発症のリスクであること、乳幼児期に両親からの感染が多いことを指摘し、子育て世代である若年層を対象としたピロリ菌検査の導入を提案しました。(対象者は市内に居住地を有する20歳以上39歳以下の方)

令和3年10月から若年層へのピロリ菌の無償検査が開始されました!

Office